食べ物 検定について

食べ物に関するたくさんの民間資格検定について

近年、健康志向また、美食などへの注目から、食べ物に関する民間資格が増え、その検定試験も多様化してきています。
昔は、食に関する資格といえば、調理師免許や栄養士、ふぐの調理免許など栄養面や調理技術の資格が多かったのですが、最近は「良い食べ物を見極めたり、食べ方を提案できる」という資格が増えてきています。
例えば、「ソムリエ」と呼ばれている資格ですが、定番であるワイン以外にも、野菜ソムリエ、紅茶ソムリエ、日本茶ソムリエ、といった、食材やアルコール以外の飲料を見極める民間資格の検定試験も行われています。
また、「食べ方」のアドバイスの分野では、フードコーディネーター、フードアナリスト、国際薬膳食育師など、栄養士とはまた異なった、食文化や社会のニーズ、東洋医学の考え方など、別の側面から食にアプローチしたアドバイスをする専門資格もあります。
飲食業界では資格取得によって、仕事に資格を生かすことができますが、個人的に食生活の充実を図るために、趣味で取得する人も多いようです。

Copyright© 食べ物 検定 All Rights Reserved.